iup

    消灯
検索
分類:

PIhandle = ptr Ihandle
  ソース 編集
Icallback = proc (arg: PIhandle): cint {...}{.cdecl.}
  ソース 編集
Iparamcb = proc (dialog: PIhandle; paramIndex: cint; userData: pointer): cint {...}{.cdecl.}
  ソース 編集

定数

IUP_NAME = "IUP - Portable User Interface"
  ソース 編集
IUP_COPYRIGHT = "Copyright (C) 1994-2009 Tecgraf, PUC-Rio."
  ソース 編集
IUP_DESCRIPTION = "Portable toolkit for building graphical user interfaces."
  ソース 編集
constIUP_VERSION = "3.0"
  ソース 編集
constIUP_VERSION_NUMBER = 300000
  ソース 編集
constIUP_VERSION_DATE = "2009/07/18"
  ソース 編集
IUP_ERROR = 1'i32
  ソース 編集
IUP_NOERROR = 0'i32
  ソース 編集
IUP_OPENED = -1'i32
  ソース 編集
IUP_INVALID = -1'i32
  ソース 編集
IUP_IGNORE = -1'i32
  ソース 編集
IUP_DEFAULT = -2'i32
  ソース 編集
IUP_CLOSE = -3'i32
  ソース 編集
IUP_CONTINUE = -4'i32
  ソース 編集
IUP_CENTER = 65535'i32
  ソース 編集
IUP_LEFT = 65534'i32
  ソース 編集
IUP_RIGHT = 65533'i32
  ソース 編集
IUP_MOUSEPOS = 65532'i32
  ソース 編集
IUP_CURRENT = 65531'i32
  ソース 編集
IUP_CENTERPARENT = 65530'i32
  ソース 編集
IUP_TOP = 65534'i32
  ソース 編集
IUP_BOTTOM = 65533'i32
  ソース 編集
IUP_SHOW = 0'i32
  ソース 編集
IUP_RESTORE = 1'i32
  ソース 編集
IUP_MINIMIZE = 2'i32
  ソース 編集
IUP_MAXIMIZE = 3'i32
  ソース 編集
IUP_HIDE = 4'i32
  ソース 編集
IUP_SBUP = 0'i32
  ソース 編集
IUP_SBDN = 1'i32
  ソース 編集
IUP_SBPGUP = 2'i32
  ソース 編集
IUP_SBPGDN = 3'i32
  ソース 編集
IUP_SBPOSV = 4'i32
  ソース 編集
IUP_SBDRAGV = 5'i32
  ソース 編集
IUP_SBLEFT = 6'i32
  ソース 編集
IUP_SBRIGHT = 7'i32
  ソース 編集
IUP_SBPGLEFT = 8'i32
  ソース 編集
IUP_SBPGRIGHT = 9'i32
  ソース 編集
IUP_SBPOSH = 10'i32
  ソース 編集
IUP_SBDRAGH = 11'i32
  ソース 編集
IUP_BUTTON1 = 49'i32
  ソース 編集
IUP_BUTTON2 = 50'i32
  ソース 編集
IUP_BUTTON3 = 51'i32
  ソース 編集
IUP_BUTTON4 = 52'i32
  ソース 編集
IUP_BUTTON5 = 53'i32
  ソース 編集
IUP_MASK_FLOAT = "[+/-]?(/d+/.?/d*|/./d+)"
  ソース 編集
IUP_MASK_UFLOAT = "(/d+/.?/d*|/./d+)"
  ソース 編集
IUP_MASK_EFLOAT = "[+/-]?(/d+/.?/d*|/./d+)([eE][+/-]?/d+)?"
  ソース 編集
IUP_MASK_INT = "[+/-]?/d+"
  ソース 編集
IUP_MASK_UINT = "/d+"
  ソース 編集
K_SP = 32'i32
  ソース 編集
K_exclam = 33'i32
  ソース 編集
K_quotedbl = 34'i32
  ソース 編集
K_numbersign = 35'i32
  ソース 編集
K_dollar = 36'i32
  ソース 編集
K_percent = 37'i32
  ソース 編集
K_ampersand = 38'i32
  ソース 編集
K_apostrophe = 39'i32
  ソース 編集
K_parentleft = 40'i32
  ソース 編集
K_parentright = 41'i32
  ソース 編集
K_asterisk = 42'i32
  ソース 編集
K_plus = 43'i32
  ソース 編集
K_comma = 44'i32
  ソース 編集
K_minus = 45'i32
  ソース 編集
K_period = 46'i32
  ソース 編集
K_slash = 47'i32
  ソース 編集
K_0 = 48'i32
  ソース 編集
K_1 = 49'i32
  ソース 編集
K_2 = 50'i32
  ソース 編集
K_3 = 51'i32
  ソース 編集
K_4 = 52'i32
  ソース 編集
K_5 = 53'i32
  ソース 編集
K_6 = 54'i32
  ソース 編集
K_7 = 55'i32
  ソース 編集
K_8 = 56'i32
  ソース 編集
K_9 = 57'i32
  ソース 編集
K_colon = 58'i32
  ソース 編集
K_semicolon = 59'i32
  ソース 編集
K_less = 60'i32
  ソース 編集
K_equal = 61'i32
  ソース 編集
K_greater = 62'i32
  ソース 編集
K_question = 63'i32
  ソース 編集
K_at = 64'i32
  ソース 編集
K_upperA = 65'i32
  ソース 編集
K_upperB = 66'i32
  ソース 編集
K_upperC = 67'i32
  ソース 編集
K_upperD = 68'i32
  ソース 編集
K_upperE = 69'i32
  ソース 編集
K_upperF = 70'i32
  ソース 編集
K_upperG = 71'i32
  ソース 編集
K_upperH = 72'i32
  ソース 編集
K_upperI = 73'i32
  ソース 編集
K_upperJ = 74'i32
  ソース 編集
K_upperK = 75'i32
  ソース 編集
K_upperL = 76'i32
  ソース 編集
K_upperM = 77'i32
  ソース 編集
K_upperN = 78'i32
  ソース 編集
K_upperO = 79'i32
  ソース 編集
K_upperP = 80'i32
  ソース 編集
K_upperQ = 81'i32
  ソース 編集
K_upperR = 82'i32
  ソース 編集
K_upperS = 83'i32
  ソース 編集
K_upperT = 84'i32
  ソース 編集
K_upperU = 85'i32
  ソース 編集
K_upperV = 86'i32
  ソース 編集
K_upperW = 87'i32
  ソース 編集
K_upperX = 88'i32
  ソース 編集
K_upperY = 89'i32
  ソース 編集
K_upperZ = 90'i32
  ソース 編集
K_bracketleft = 91'i32
  ソース 編集
K_backslash = 92'i32
  ソース 編集
K_bracketright = 93'i32
  ソース 編集
K_circum = 94'i32
  ソース 編集
K_underscore = 95'i32
  ソース 編集
K_grave = 96'i32
  ソース 編集
K_lowera = 97'i32
  ソース 編集
K_lowerb = 98'i32
  ソース 編集
K_lowerc = 99'i32
  ソース 編集
K_lowerd = 100'i32
  ソース 編集
K_lowere = 101'i32
  ソース 編集
K_lowerf = 102'i32
  ソース 編集
K_lowerg = 103'i32
  ソース 編集
K_lowerh = 104'i32
  ソース 編集
K_loweri = 105'i32
  ソース 編集
K_lowerj = 106'i32
  ソース 編集
K_lowerk = 107'i32
  ソース 編集
K_lowerl = 108'i32
  ソース 編集
K_lowerm = 109'i32
  ソース 編集
K_lowern = 110'i32
  ソース 編集
K_lowero = 111'i32
  ソース 編集
K_lowerp = 112'i32
  ソース 編集
K_lowerq = 113'i32
  ソース 編集
K_lowerr = 114'i32
  ソース 編集
K_lowers = 115'i32
  ソース 編集
K_lowert = 116'i32
  ソース 編集
K_loweru = 117'i32
  ソース 編集
K_lowerv = 118'i32
  ソース 編集
K_lowerw = 119'i32
  ソース 編集
K_lowerx = 120'i32
  ソース 編集
K_lowery = 121'i32
  ソース 編集
K_lowerz = 122'i32
  ソース 編集
K_braceleft = 123'i32
  ソース 編集
K_bar = 124'i32
  ソース 編集
K_braceright = 125'i32
  ソース 編集
K_tilde = 126'i32
  ソース 編集
K_BS = 8'i32
  ソース 編集
K_TAB = 9'i32
  ソース 編集
K_LF = 10'i32
  ソース 編集
K_CR = 13'i32
  ソース 編集
IUP_NUMMAXCODES = 1280
5*256=1280 Normal+Shift+Ctrl+Alt+Sys   ソース 編集
K_HOME = 129
  ソース 編集
K_UP = 130
  ソース 編集
K_PGUP = 131
  ソース 編集
K_LEFT = 132
  ソース 編集
K_MIDDLE = 133
  ソース 編集
K_RIGHT = 134
  ソース 編集
K_END = 135
  ソース 編集
K_DOWN = 136
  ソース 編集
K_PGDN = 137
  ソース 編集
K_INS = 138
  ソース 編集
K_DEL = 139
  ソース 編集
K_PAUSE = 140
  ソース 編集
K_ESC = 141
  ソース 編集
K_ccedilla = 142
  ソース 編集
K_F1 = 143
  ソース 編集
K_F2 = 144
  ソース 編集
K_F3 = 145
  ソース 編集
K_F4 = 146
  ソース 編集
K_F5 = 147
  ソース 編集
K_F6 = 148
  ソース 編集
K_F7 = 149
  ソース 編集
K_F8 = 150
  ソース 編集
K_F9 = 151
  ソース 編集
K_F10 = 152
  ソース 編集
K_F11 = 153
  ソース 編集
K_F12 = 154
  ソース 編集
K_Print = 155
  ソース 編集
K_Menu = 156
  ソース 編集
K_acute = 157
  ソース 編集
K_sHOME = 385
  ソース 編集
K_sUP = 386
  ソース 編集
K_sPGUP = 387
  ソース 編集
K_sLEFT = 388
  ソース 編集
K_sMIDDLE = 389
  ソース 編集
K_sRIGHT = 390
  ソース 編集
K_sEND = 391
  ソース 編集
K_sDOWN = 392
  ソース 編集
K_sPGDN = 393
  ソース 編集
K_sINS = 394
  ソース 編集
K_sDEL = 395
  ソース 編集
K_sSP = 288
  ソース 編集
K_sTAB = 265
  ソース 編集
K_sCR = 269
  ソース 編集
K_sBS = 264
  ソース 編集
K_sPAUSE = 396
  ソース 編集
K_sESC = 397
  ソース 編集
K_sCcedilla = 398
  ソース 編集
K_sF1 = 399
  ソース 編集
K_sF2 = 400
  ソース 編集
K_sF3 = 401
  ソース 編集
K_sF4 = 402
  ソース 編集
K_sF5 = 403
  ソース 編集
K_sF6 = 404
  ソース 編集
K_sF7 = 405
  ソース 編集
K_sF8 = 406
  ソース 編集
K_sF9 = 407
  ソース 編集
K_sF10 = 408
  ソース 編集
K_sF11 = 409
  ソース 編集
K_sF12 = 410
  ソース 編集
K_sPrint = 411
  ソース 編集
K_sMenu = 412
  ソース 編集
K_cHOME = 641
  ソース 編集
K_cUP = 642
  ソース 編集
K_cPGUP = 643
  ソース 編集
K_cLEFT = 644
  ソース 編集
K_cMIDDLE = 645
  ソース 編集
K_cRIGHT = 646
  ソース 編集
K_cEND = 647
  ソース 編集
K_cDOWN = 648
  ソース 編集
K_cPGDN = 649
  ソース 編集
K_cINS = 650
  ソース 編集
K_cDEL = 651
  ソース 編集
K_cSP = 544
  ソース 編集
K_cTAB = 521
  ソース 編集
K_cCR = 525
  ソース 編集
K_cBS = 520
  ソース 編集
K_cPAUSE = 652
  ソース 編集
K_cESC = 653
  ソース 編集
K_cCcedilla = 654
  ソース 編集
K_cF1 = 655
  ソース 編集
K_cF2 = 656
  ソース 編集
K_cF3 = 657
  ソース 編集
K_cF4 = 658
  ソース 編集
K_cF5 = 659
  ソース 編集
K_cF6 = 660
  ソース 編集
K_cF7 = 661
  ソース 編集
K_cF8 = 662
  ソース 編集
K_cF9 = 663
  ソース 編集
K_cF10 = 664
  ソース 編集
K_cF11 = 665
  ソース 編集
K_cF12 = 666
  ソース 編集
K_cPrint = 667
  ソース 編集
K_cMenu = 668
  ソース 編集
K_mHOME = 897
  ソース 編集
K_mUP = 898
  ソース 編集
K_mPGUP = 899
  ソース 編集
K_mLEFT = 900
  ソース 編集
K_mMIDDLE = 901
  ソース 編集
K_mRIGHT = 902
  ソース 編集
K_mEND = 903
  ソース 編集
K_mDOWN = 904
  ソース 編集
K_mPGDN = 905
  ソース 編集
K_mINS = 906
  ソース 編集
K_mDEL = 907
  ソース 編集
K_mSP = 800
  ソース 編集
K_mTAB = 777
  ソース 編集
K_mCR = 781
  ソース 編集
K_mBS = 776
  ソース 編集
K_mPAUSE = 908
  ソース 編集
K_mESC = 909
  ソース 編集
K_mCcedilla = 910
  ソース 編集
K_mF1 = 911
  ソース 編集
K_mF2 = 912
  ソース 編集
K_mF3 = 913
  ソース 編集
K_mF4 = 914
  ソース 編集
K_mF5 = 915
  ソース 編集
K_mF6 = 916
  ソース 編集
K_mF7 = 917
  ソース 編集
K_mF8 = 918
  ソース 編集
K_mF9 = 919
  ソース 編集
K_mF10 = 920
  ソース 編集
K_mF11 = 921
  ソース 編集
K_mF12 = 922
  ソース 編集
K_mPrint = 923
  ソース 編集
K_mMenu = 924
  ソース 編集
K_yHOME = 1153
  ソース 編集
K_yUP = 1154
  ソース 編集
K_yPGUP = 1155
  ソース 編集
K_yLEFT = 1156
  ソース 編集
K_yMIDDLE = 1157
  ソース 編集
K_yRIGHT = 1158
  ソース 編集
K_yEND = 1159
  ソース 編集
K_yDOWN = 1160
  ソース 編集
K_yPGDN = 1161
  ソース 編集
K_yINS = 1162
  ソース 編集
K_yDEL = 1163
  ソース 編集
K_ySP = 1056
  ソース 編集
K_yTAB = 1033
  ソース 編集
K_yCR = 1037
  ソース 編集
K_yBS = 1032
  ソース 編集
K_yPAUSE = 1164
  ソース 編集
K_yESC = 1165
  ソース 編集
K_yCcedilla = 1166
  ソース 編集
K_yF1 = 1167
  ソース 編集
K_yF2 = 1168
  ソース 編集
K_yF3 = 1169
  ソース 編集
K_yF4 = 1170
  ソース 編集
K_yF5 = 1171
  ソース 編集
K_yF6 = 1172
  ソース 編集
K_yF7 = 1173
  ソース 編集
K_yF8 = 1174
  ソース 編集
K_yF9 = 1175
  ソース 編集
K_yF10 = 1176
  ソース 編集
K_yF11 = 1177
  ソース 編集
K_yF12 = 1178
  ソース 編集
K_yPrint = 1179
  ソース 編集
K_yMenu = 1180
  ソース 編集
K_sPlus = 299
  ソース 編集
K_sComma = 300
  ソース 編集
K_sMinus = 301
  ソース 編集
K_sPeriod = 302
  ソース 編集
K_sSlash = 303
  ソース 編集
K_sAsterisk = 298
  ソース 編集
K_cupperA = 577
  ソース 編集
K_cupperB = 578
  ソース 編集
K_cupperC = 579
  ソース 編集
K_cupperD = 580
  ソース 編集
K_cupperE = 581
  ソース 編集
K_cupperF = 582
  ソース 編集
K_cupperG = 583
  ソース 編集
K_cupperH = 584
  ソース 編集
K_cupperI = 585
  ソース 編集
K_cupperJ = 586
  ソース 編集
K_cupperK = 587
  ソース 編集
K_cupperL = 588
  ソース 編集
K_cupperM = 589
  ソース 編集
K_cupperN = 590
  ソース 編集
K_cupperO = 591
  ソース 編集
K_cupperP = 592
  ソース 編集
K_cupperQ = 593
  ソース 編集
K_cupperR = 594
  ソース 編集
K_cupperS = 595
  ソース 編集
K_cupperT = 596
  ソース 編集
K_cupperU = 597
  ソース 編集
K_cupperV = 598
  ソース 編集
K_cupperW = 599
  ソース 編集
K_cupperX = 600
  ソース 編集
K_cupperY = 601
  ソース 編集
K_cupperZ = 602
  ソース 編集
K_c1 = 561
  ソース 編集
K_c2 = 562
  ソース 編集
K_c3 = 563
  ソース 編集
K_c4 = 564
  ソース 編集
K_c5 = 565
  ソース 編集
K_c6 = 566
  ソース 編集
K_c7 = 567
  ソース 編集
K_c8 = 568
  ソース 編集
K_c9 = 569
  ソース 編集
K_c0 = 560
  ソース 編集
K_cPlus = 555
  ソース 編集
K_cComma = 556
  ソース 編集
K_cMinus = 557
  ソース 編集
K_cPeriod = 558
  ソース 編集
K_cSlash = 559
  ソース 編集
K_cSemicolon = 571
  ソース 編集
K_cEqual = 573
  ソース 編集
K_cBracketleft = 603
  ソース 編集
K_cBracketright = 605
  ソース 編集
K_cBackslash = 604
  ソース 編集
K_cAsterisk = 554
  ソース 編集
K_mupperA = 833
  ソース 編集
K_mupperB = 834
  ソース 編集
K_mupperC = 835
  ソース 編集
K_mupperD = 836
  ソース 編集
K_mupperE = 837
  ソース 編集
K_mupperF = 838
  ソース 編集
K_mupperG = 839
  ソース 編集
K_mupperH = 840
  ソース 編集
K_mupperI = 841
  ソース 編集
K_mupperJ = 842
  ソース 編集
K_mupperK = 843
  ソース 編集
K_mupperL = 844
  ソース 編集
K_mupperM = 845
  ソース 編集
K_mupperN = 846
  ソース 編集
K_mupperO = 847
  ソース 編集
K_mupperP = 848
  ソース 編集
K_mupperQ = 849
  ソース 編集
K_mupperR = 850
  ソース 編集
K_mupperS = 851
  ソース 編集
K_mupperT = 852
  ソース 編集
K_mupperU = 853
  ソース 編集
K_mupperV = 854
  ソース 編集
K_mupperW = 855
  ソース 編集
K_mupperX = 856
  ソース 編集
K_mupperY = 857
  ソース 編集
K_mupperZ = 858
  ソース 編集
K_m1 = 817
  ソース 編集
K_m2 = 818
  ソース 編集
K_m3 = 819
  ソース 編集
K_m4 = 820
  ソース 編集
K_m5 = 821
  ソース 編集
K_m6 = 822
  ソース 編集
K_m7 = 823
  ソース 編集
K_m8 = 824
  ソース 編集
K_m9 = 825
  ソース 編集
K_m0 = 816
  ソース 編集
K_mPlus = 811
  ソース 編集
K_mComma = 812
  ソース 編集
K_mMinus = 813
  ソース 編集
K_mPeriod = 814
  ソース 編集
K_mSlash = 815
  ソース 編集
K_mSemicolon = 827
  ソース 編集
K_mEqual = 829
  ソース 編集
K_mBracketleft = 859
  ソース 編集
K_mBracketright = 861
  ソース 編集
K_mBackslash = 860
  ソース 編集
K_mAsterisk = 810
  ソース 編集
K_yA = 1089
  ソース 編集
K_yB = 1090
  ソース 編集
K_yC = 1091
  ソース 編集
K_yD = 1092
  ソース 編集
K_yE = 1093
  ソース 編集
K_yF = 1094
  ソース 編集
K_yG = 1095
  ソース 編集
K_yH = 1096
  ソース 編集
K_yI = 1097
  ソース 編集
K_yJ = 1098
  ソース 編集
K_yK = 1099
  ソース 編集
K_yL = 1100
  ソース 編集
K_yM = 1101
  ソース 編集
K_yN = 1102
  ソース 編集
K_yO = 1103
  ソース 編集
K_yP = 1104
  ソース 編集
K_yQ = 1105
  ソース 編集
K_yR = 1106
  ソース 編集
K_yS = 1107
  ソース 編集
K_yT = 1108
  ソース 編集
K_yU = 1109
  ソース 編集
K_yV = 1110
  ソース 編集
K_yW = 1111
  ソース 編集
K_yX = 1112
  ソース 編集
K_yY = 1113
  ソース 編集
K_yZ = 1114
  ソース 編集
K_y1 = 1073
  ソース 編集
K_y2 = 1074
  ソース 編集
K_y3 = 1075
  ソース 編集
K_y4 = 1076
  ソース 編集
K_y5 = 1077
  ソース 編集
K_y6 = 1078
  ソース 編集
K_y7 = 1079
  ソース 編集
K_y8 = 1080
  ソース 編集
K_y9 = 1081
  ソース 編集
K_y0 = 1072
  ソース 編集
K_yPlus = 1067
  ソース 編集
K_yComma = 1068
  ソース 編集
K_yMinus = 1069
  ソース 編集
K_yPeriod = 1070
  ソース 編集
K_ySlash = 1071
  ソース 編集
K_ySemicolon = 1083
  ソース 編集
K_yEqual = 1085
  ソース 編集
K_yBracketleft = 1115
  ソース 編集
K_yBracketright = 1117
  ソース 編集
K_yBackslash = 1116
  ソース 編集
K_yAsterisk = 1066
  ソース 編集
IUP_PRIMARY = -1
  ソース 編集
IUP_SECONDARY = -2
  ソース 編集

プロシージャ

proc fileDlg(): PIhandle {...}{.importc: "IupFileDlg", dynlib: dllname, cdecl.}
  ソース 編集
proc messageDlg(): PIhandle {...}{.importc: "IupMessageDlg", dynlib: dllname, cdecl.}
  ソース 編集
proc colorDlg(): PIhandle {...}{.importc: "IupColorDlg", dynlib: dllname, cdecl.}
  ソース 編集
proc fontDlg(): PIhandle {...}{.importc: "IupFontDlg", dynlib: dllname, cdecl.}
  ソース 編集
proc getFile(arq: cstring): cint {...}{.importc: "IupGetFile", dynlib: dllname, cdecl.}
  ソース 編集
proc message(title, msg: cstring) {...}{.importc: "IupMessage", dynlib: dllname, cdecl.}
  ソース 編集
proc messagef(title, format: cstring) {...}{.importc: "IupMessagef", dynlib: dllname, cdecl,
                                    varargs.}
  ソース 編集
proc alarm(title, msg, b1, b2, b3: cstring): cint {...}{.importc: "IupAlarm", dynlib: dllname,
    cdecl.}
  ソース 編集
proc scanf(format: cstring): cint {...}{.importc: "IupScanf", dynlib: dllname, cdecl, varargs.}
  ソース 編集
proc listDialog(theType: cint; title: cstring; size: cint; list: cstringArray;
               op, maxCol, maxLin: cint; marks: ptr cint): cint {...}{.
    importc: "IupListDialog", dynlib: dllname, cdecl.}
  ソース 編集
proc getText(title, text: cstring): cint {...}{.importc: "IupGetText", dynlib: dllname, cdecl.}
  ソース 編集
proc getColor(x, y: cint; r, g, b: var byte): cint {...}{.importc: "IupGetColor",
    dynlib: dllname, cdecl.}
  ソース 編集
proc getParam(title: cstring; action: Iparamcb; userData: pointer; format: cstring): cint {...}{.
    importc: "IupGetParam", cdecl, varargs, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getParamv(title: cstring; action: Iparamcb; userData: pointer; format: cstring;
              paramCount, paramExtra: cint; paramData: pointer): cint {...}{.
    importc: "IupGetParamv", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc open(argc: ptr cint; argv: ptr cstringArray): cint {...}{.importc: "IupOpen", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc close() {...}{.importc: "IupClose", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc imageLibOpen() {...}{.importc: "IupImageLibOpen", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc mainLoop(): cint {...}{.importc: "IupMainLoop", cdecl, dynlib: dllname, discardable.}
  ソース 編集
proc loopStep(): cint {...}{.importc: "IupLoopStep", cdecl, dynlib: dllname, discardable.}
  ソース 編集
proc mainLoopLevel(): cint {...}{.importc: "IupMainLoopLevel", cdecl, dynlib: dllname,
                          discardable.}
  ソース 編集
proc flush() {...}{.importc: "IupFlush", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc exitLoop() {...}{.importc: "IupExitLoop", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc update(ih: PIhandle) {...}{.importc: "IupUpdate", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc updateChildren(ih: PIhandle) {...}{.importc: "IupUpdateChildren", cdecl,
                                 dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc redraw(ih: PIhandle; children: cint) {...}{.importc: "IupRedraw", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc refresh(ih: PIhandle) {...}{.importc: "IupRefresh", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc mapFont(iupfont: cstring): cstring {...}{.importc: "IupMapFont", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc unMapFont(driverfont: cstring): cstring {...}{.importc: "IupUnMapFont", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc help(url: cstring): cint {...}{.importc: "IupHelp", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc load(filename: cstring): cstring {...}{.importc: "IupLoad", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc iupVersion(): cstring {...}{.importc: "IupVersion", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc iupVersionDate(): cstring {...}{.importc: "IupVersionDate", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc iupVersionNumber(): cint {...}{.importc: "IupVersionNumber", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc setLanguage(lng: cstring) {...}{.importc: "IupSetLanguage", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getLanguage(): cstring {...}{.importc: "IupGetLanguage", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc destroy(ih: PIhandle) {...}{.importc: "IupDestroy", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc detach(child: PIhandle) {...}{.importc: "IupDetach", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc append(ih, child: PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupAppend", cdecl,
                                        dynlib: dllname, discardable.}
  ソース 編集
proc insert(ih, refChild, child: PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupInsert", cdecl,
    dynlib: dllname, discardable.}
  ソース 編集
proc getChild(ih: PIhandle; pos: cint): PIhandle {...}{.importc: "IupGetChild", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getChildPos(ih, child: PIhandle): cint {...}{.importc: "IupGetChildPos", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getChildCount(ih: PIhandle): cint {...}{.importc: "IupGetChildCount", cdecl,
                                     dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getNextChild(ih, child: PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupGetNextChild", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getBrother(ih: PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupGetBrother", cdecl,
                                      dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getParent(ih: PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupGetParent", cdecl,
                                     dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getDialog(ih: PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupGetDialog", cdecl,
                                     dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getDialogChild(ih: PIhandle; name: cstring): PIhandle {...}{.
    importc: "IupGetDialogChild", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc reparent(ih, newParent: PIhandle): cint {...}{.importc: "IupReparent", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc popup(ih: PIhandle; x, y: cint): cint {...}{.importc: "IupPopup", cdecl, dynlib: dllname,
                                      discardable.}
  ソース 編集
proc show(ih: PIhandle): cint {...}{.importc: "IupShow", cdecl, dynlib: dllname, discardable.}
  ソース 編集
proc showXY(ih: PIhandle; x, y: cint): cint {...}{.importc: "IupShowXY", cdecl,
                                       dynlib: dllname, discardable.}
  ソース 編集
proc hide(ih: PIhandle): cint {...}{.importc: "IupHide", cdecl, dynlib: dllname, discardable.}
  ソース 編集
proc map(ih: PIhandle): cint {...}{.importc: "IupMap", cdecl, dynlib: dllname, discardable.}
  ソース 編集
proc unmap(ih: PIhandle) {...}{.importc: "IupUnmap", cdecl, dynlib: dllname, discardable.}
  ソース 編集
proc setAttribute(ih: PIhandle; name, value: cstring) {...}{.importc: "IupSetAttribute",
    cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc storeAttribute(ih: PIhandle; name, value: cstring) {...}{.
    importc: "IupStoreAttribute", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc setAttributes(ih: PIhandle; str: cstring): PIhandle {...}{.
    importc: "IupSetAttributes", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getAttribute(ih: PIhandle; name: cstring): cstring {...}{.importc: "IupGetAttribute",
    cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getAttributes(ih: PIhandle): cstring {...}{.importc: "IupGetAttributes", cdecl,
                                        dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getInt(ih: PIhandle; name: cstring): cint {...}{.importc: "IupGetInt", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getInt2(ih: PIhandle; name: cstring): cint {...}{.importc: "IupGetInt2", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getIntInt(ih: PIhandle; name: cstring; i1, i2: var cint): cint {...}{.
    importc: "IupGetIntInt", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getFloat(ih: PIhandle; name: cstring): cfloat {...}{.importc: "IupGetFloat", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc setfAttribute(ih: PIhandle; name, format: cstring) {...}{.importc: "IupSetfAttribute",
    cdecl, dynlib: dllname, varargs.}
  ソース 編集
proc getAllAttributes(ih: PIhandle; names: cstringArray; n: cint): cint {...}{.
    importc: "IupGetAllAttributes", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc setAtt(handleName: cstring; ih: PIhandle; name: cstring): PIhandle {...}{.
    importc: "IupSetAtt", cdecl, dynlib: dllname, varargs, discardable.}
  ソース 編集
proc setGlobal(name, value: cstring) {...}{.importc: "IupSetGlobal", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc storeGlobal(name, value: cstring) {...}{.importc: "IupStoreGlobal", cdecl,
                                     dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getGlobal(name: cstring): cstring {...}{.importc: "IupGetGlobal", cdecl,
                                     dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc setFocus(ih: PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupSetFocus", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getFocus(): PIhandle {...}{.importc: "IupGetFocus", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc previousField(ih: PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupPreviousField", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc nextField(ih: PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupNextField", cdecl,
                                     dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getCallback(ih: PIhandle; name: cstring): Icallback {...}{.importc: "IupGetCallback",
    cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc setCallback(ih: PIhandle; name: cstring; fn: Icallback): Icallback {...}{.
    importc: "IupSetCallback", cdecl, dynlib: dllname, discardable.}
  ソース 編集
proc setCallbacks(ih: PIhandle; name: cstring; fn: Icallback): PIhandle {...}{.
    importc: "IupSetCallbacks", cdecl, dynlib: dllname, varargs, discardable.}
  ソース 編集
proc getFunction(name: cstring): Icallback {...}{.importc: "IupGetFunction", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc setFunction(name: cstring; fn: Icallback): Icallback {...}{.importc: "IupSetFunction",
    cdecl, dynlib: dllname, discardable.}
  ソース 編集
proc getActionName(): cstring {...}{.importc: "IupGetActionName", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getHandle(name: cstring): PIhandle {...}{.importc: "IupGetHandle", cdecl,
                                      dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc setHandle(name: cstring; ih: PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupSetHandle", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getAllNames(names: cstringArray; n: cint): cint {...}{.importc: "IupGetAllNames", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getAllDialogs(names: cstringArray; n: cint): cint {...}{.importc: "IupGetAllDialogs",
    cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getName(ih: PIhandle): cstring {...}{.importc: "IupGetName", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc setAttributeHandle(ih: PIhandle; name: cstring; ihNamed: PIhandle) {...}{.
    importc: "IupSetAttributeHandle", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getAttributeHandle(ih: PIhandle; name: cstring): PIhandle {...}{.
    importc: "IupGetAttributeHandle", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getClassName(ih: PIhandle): cstring {...}{.importc: "IupGetClassName", cdecl,
                                       dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getClassType(ih: PIhandle): cstring {...}{.importc: "IupGetClassType", cdecl,
                                       dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc getClassAttributes(classname: cstring; names: cstringArray; n: cint): cint {...}{.
    importc: "IupGetClassAttributes", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc saveClassAttributes(ih: PIhandle) {...}{.importc: "IupSaveClassAttributes", cdecl,
                                      dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc setClassDefaultAttribute(classname, name, value: cstring) {...}{.
    importc: "IupSetClassDefaultAttribute", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc create(classname: cstring): PIhandle {...}{.importc: "IupCreate", cdecl,
                                        dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc createv(classname: cstring; params: pointer): PIhandle {...}{.importc: "IupCreatev",
    cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc createp(classname: cstring; first: pointer): PIhandle {...}{.importc: "IupCreatep",
    cdecl, dynlib: dllname, varargs.}
  ソース 編集
proc fill(): PIhandle {...}{.importc: "IupFill", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc radio(child: PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupRadio", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc vbox(child: PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupVbox", cdecl, dynlib: dllname,
                                   varargs.}
  ソース 編集
proc vboxv(children: ptr PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupVboxv", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc zbox(child: PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupZbox", cdecl, dynlib: dllname,
                                   varargs.}
  ソース 編集
proc zboxv(children: ptr PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupZboxv", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc hbox(child: PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupHbox", cdecl, dynlib: dllname,
                                   varargs.}
  ソース 編集
proc hboxv(children: ptr PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupHboxv", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc normalizer(ihFirst: PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupNormalizer", cdecl,
    dynlib: dllname, varargs.}
  ソース 編集
proc normalizerv(ihList: ptr PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupNormalizerv", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc cbox(child: PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupCbox", cdecl, dynlib: dllname,
                                   varargs.}
  ソース 編集
proc cboxv(children: ptr PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupCboxv", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc sbox(child: PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupSbox", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc frame(child: PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupFrame", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc image(width, height: cint; pixmap: pointer): PIhandle {...}{.importc: "IupImage", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc imageRGB(width, height: cint; pixmap: pointer): PIhandle {...}{.importc: "IupImageRGB",
    cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc imageRGBA(width, height: cint; pixmap: pointer): PIhandle {...}{.
    importc: "IupImageRGBA", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc item(title, action: cstring): PIhandle {...}{.importc: "IupItem", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc submenu(title: cstring; child: PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupSubmenu", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc separator(): PIhandle {...}{.importc: "IupSeparator", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc menu(child: PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupMenu", cdecl, dynlib: dllname,
                                   varargs.}
  ソース 編集
proc menuv(children: ptr PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupMenuv", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc button(title, action: cstring): PIhandle {...}{.importc: "IupButton", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc link(url, title: cstring): PIhandle {...}{.importc: "IupLink", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc canvas(action: cstring): PIhandle {...}{.importc: "IupCanvas", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc dialog(child: PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupDialog", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc user(): PIhandle {...}{.importc: "IupUser", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc label(title: cstring): PIhandle {...}{.importc: "IupLabel", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc list(action: cstring): PIhandle {...}{.importc: "IupList", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc text(action: cstring): PIhandle {...}{.importc: "IupText", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc multiLine(action: cstring): PIhandle {...}{.importc: "IupMultiLine", cdecl,
                                        dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc toggle(title, action: cstring): PIhandle {...}{.importc: "IupToggle", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc timer(): PIhandle {...}{.importc: "IupTimer", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc progressBar(): PIhandle {...}{.importc: "IupProgressBar", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc val(theType: cstring): PIhandle {...}{.importc: "IupVal", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc tabs(child: PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupTabs", cdecl, dynlib: dllname,
                                   varargs.}
  ソース 編集
proc tabsv(children: ptr PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupTabsv", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc tree(): PIhandle {...}{.importc: "IupTree", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc spin(): PIhandle {...}{.importc: "IupSpin", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc spinbox(child: PIhandle): PIhandle {...}{.importc: "IupSpinbox", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc textConvertLinColToPos(ih: PIhandle; lin, col: cint; pos: var cint) {...}{.
    importc: "IupTextConvertLinColToPos", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc textConvertPosToLinCol(ih: PIhandle; pos: cint; lin, col: var cint) {...}{.
    importc: "IupTextConvertPosToLinCol", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc convertXYToPos(ih: PIhandle; x, y: cint): cint {...}{.importc: "IupConvertXYToPos",
    cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc treeSetUserId(ih: PIhandle; id: cint; userid: pointer): cint {...}{.
    importc: "IupTreeSetUserId", cdecl, dynlib: dllname, discardable.}
  ソース 編集
proc treeGetUserId(ih: PIhandle; id: cint): pointer {...}{.importc: "IupTreeGetUserId",
    cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc treeGetId(ih: PIhandle; userid: pointer): cint {...}{.importc: "IupTreeGetId", cdecl,
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc treeSetAttribute(ih: PIhandle; name: cstring; id: cint; value: cstring) {...}{.
    importc: "IupTreeSetAttribute", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc treeStoreAttribute(ih: PIhandle; name: cstring; id: cint; value: cstring) {...}{.
    importc: "IupTreeStoreAttribute", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc treeGetAttribute(ih: PIhandle; name: cstring; id: cint): cstring {...}{.
    importc: "IupTreeGetAttribute", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc treeGetInt(ih: PIhandle; name: cstring; id: cint): cint {...}{.importc: "IupTreeGetInt",
    cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc treeGetFloat(ih: PIhandle; name: cstring; id: cint): cfloat {...}{.
    importc: "IupTreeGetFloat", cdecl, dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc treeSetfAttribute(ih: PIhandle; name: cstring; id: cint; format: cstring) {...}{.
    importc: "IupTreeSetfAttribute", cdecl, dynlib: dllname, varargs.}
  ソース 編集
proc isShift(s: cstring): bool {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc isControl(s: cstring): bool {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc isButton1(s: cstring): bool {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc isButton2(s: cstring): bool {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc isbutton3(s: cstring): bool {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc isDouble(s: cstring): bool {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc isAlt(s: cstring): bool {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc isSys(s: cstring): bool {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc isButton4(s: cstring): bool {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc isButton5(s: cstring): bool {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc isPrint(c: cint): bool {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc isXkey(c: cint): bool {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc isShiftXkey(c: cint): bool {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc isCtrlXkey(c: cint): bool {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc isAltXkey(c: cint): bool {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc isSysXkey(c: cint): bool {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc iUPxCODE(c: cint): cint {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc iUPsxCODE(c: cint): cint {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc iUPcxCODE(c: cint): cint {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc iUPmxCODE(c: cint): cint {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc iUPyxCODE(c: cint): cint {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc controlsOpen(): cint {...}{.cdecl, importc: "IupControlsOpen", dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc controlsClose() {...}{.cdecl, importc: "IupControlsClose", dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc oldValOpen() {...}{.cdecl, importc: "IupOldValOpen", dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc oldTabsOpen() {...}{.cdecl, importc: "IupOldTabsOpen", dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc colorbar(): PIhandle {...}{.cdecl, importc: "IupColorbar", dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc cells(): PIhandle {...}{.cdecl, importc: "IupCells", dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc colorBrowser(): PIhandle {...}{.cdecl, importc: "IupColorBrowser", dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc gauge(): PIhandle {...}{.cdecl, importc: "IupGauge", dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc dial(theType: cstring): PIhandle {...}{.cdecl, importc: "IupDial", dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc matrix(action: cstring): PIhandle {...}{.cdecl, importc: "IupMatrix", dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc matSetAttribute(ih: PIhandle; name: cstring; lin, col: cint; value: cstring) {...}{.cdecl,
    importc: "IupMatSetAttribute", dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc matStoreAttribute(ih: PIhandle; name: cstring; lin, col: cint; value: cstring) {...}{.
    cdecl, importc: "IupMatStoreAttribute", dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc matGetAttribute(ih: PIhandle; name: cstring; lin, col: cint): cstring {...}{.cdecl,
    importc: "IupMatGetAttribute", dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc matGetInt(ih: PIhandle; name: cstring; lin, col: cint): cint {...}{.cdecl,
    importc: "IupMatGetInt", dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc matGetFloat(ih: PIhandle; name: cstring; lin, col: cint): cfloat {...}{.cdecl,
    importc: "IupMatGetFloat", dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc matSetfAttribute(ih: PIhandle; name: cstring; lin, col: cint; format: cstring) {...}{.
    cdecl, importc: "IupMatSetfAttribute", dynlib: dllname, varargs.}
  ソース 編集
proc pPlotOpen() {...}{.cdecl, importc: "IupPPlotOpen", dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc pPlot(): PIhandle {...}{.cdecl, importc: "IupPPlot", dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc pPlotBegin(ih: PIhandle; strXdata: cint) {...}{.cdecl, importc: "IupPPlotBegin",
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc pPlotAdd(ih: PIhandle; x, y: cfloat) {...}{.cdecl, importc: "IupPPlotAdd",
                                      dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc pPlotAddStr(ih: PIhandle; x: cstring; y: cfloat) {...}{.cdecl,
    importc: "IupPPlotAddStr", dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc pPlotEnd(ih: PIhandle): cint {...}{.cdecl, importc: "IupPPlotEnd", dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc pPlotInsertStr(ih: PIhandle; index, sampleIndex: cint; x: cstring; y: cfloat) {...}{.
    cdecl, importc: "IupPPlotInsertStr", dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc pPlotInsert(ih: PIhandle; index, sampleIndex: cint; x, y: cfloat) {...}{.cdecl,
    importc: "IupPPlotInsert", dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc pPlotTransform(ih: PIhandle; x, y: cfloat; ix, iy: var cint) {...}{.cdecl,
    importc: "IupPPlotTransform", dynlib: dllname.}
  ソース 編集
proc pPlotPaintTo(ih: PIhandle; cnv: pointer) {...}{.cdecl, importc: "IupPPlotPaintTo",
    dynlib: dllname.}
  ソース 編集