openssl

    消灯
検索
分類:

OpenSSL のサポート

OpenSSL の動的リンク時は、 OpenSSL バージョン 1.1.0 以前・以降における部分的な上位・下位互換性がラッパーにあります。

OpenSSL は --dynlibOverride:ssl で OpenSSL 1.1.0 以降の静的リンクができます。OpenSSL 1.0.x を静的リンクする場合は、 -d:openssl10openssl10 シンボルを定義してください。

ビルドとテストの用例:

./bin/nim c -d:ssl -p:. -r tests/untestable/tssl.nim
./bin/nim c -d:ssl -p:. --dynlibOverride:ssl --passl:-lcrypto --passl:-lssl -r tests/untestable/tssl.nim

SslPtr = ptr SslStruct
  ソース 編集
PSslPtr = ptr SslPtr
  ソース 編集
SslCtx = SslPtr
  ソース 編集
PSSL_METHOD = SslPtr
  ソース 編集
PSTACK = SslPtr
  ソース 編集
PX509 = SslPtr
  ソース 編集
PX509_NAME = SslPtr
  ソース 編集
PEVP_MD = SslPtr
  ソース 編集
PBIO_METHOD = SslPtr
  ソース 編集
BIO = SslPtr
  ソース 編集
EVP_PKEY = SslPtr
  ソース 編集
PRSA = SslPtr
  ソース 編集
PASN1_UTCTIME = SslPtr
  ソース 編集
PASN1_cInt = SslPtr
  ソース 編集
PPasswdCb = SslPtr
  ソース 編集
EVP_MD = SslPtr
  ソース 編集
EVP_MD_CTX = SslPtr
  ソース 編集
EVP_PKEY_CTX = SslPtr
  ソース 編集
ENGINE = SslPtr
  ソース 編集
PFunction = proc () {...}{.cdecl.}
  ソース 編集
DES_cblock = array[0 .. 7, int8]
  ソース 編集
PDES_cblock = ptr DES_cblock
  ソース 編集
des_ks_struct {...}{.final.} = object
  ks*: DES_cblock
  weak_key*: cint
  ソース 編集
des_key_schedule = array[1 .. 16, des_ks_struct]
  ソース 編集
pem_password_cb = proc (buf: cstring; size, rwflag: cint; userdata: pointer): cint {...}{.cdecl.}
  ソース 編集
PskClientCallback = proc (ssl: SslPtr; hint: cstring; identity: cstring;
                       max_identity_len: cuint; psk: ptr cuchar; max_psk_len: cuint): cuint {...}{.
    cdecl.}
  ソース 編集
PskServerCallback = proc (ssl: SslPtr; identity: cstring; psk: ptr cuchar;
                       max_psk_len: cint): cuint {...}{.cdecl.}
  ソース 編集
MD5_LONG = cuint
  ソース 編集
MD5_CTX = object
  A, B, C, D, Nl, Nh: MD5_LONG
  data: array[MD5_LBLOCK, MD5_LONG]
  num: cuint
  ソース 編集

定数

DLLSSLName = "(libssl-1_1-x64|ssleay64|libssl64).dll"
  ソース 編集
DLLUtilName = "(libcrypto-1_1-x64|libeay64).dll"
  ソース 編集
SSL_SENT_SHUTDOWN = 1
  ソース 編集
SSL_RECEIVED_SHUTDOWN = 2
  ソース 編集
EVP_MAX_MD_SIZE = 36
  ソース 編集
SSL_ERROR_NONE = 0
  ソース 編集
SSL_ERROR_SSL = 1
  ソース 編集
SSL_ERROR_WANT_READ = 2
  ソース 編集
SSL_ERROR_WANT_WRITE = 3
  ソース 編集
SSL_ERROR_WANT_X509_LOOKUP = 4
  ソース 編集
SSL_ERROR_SYSCALL = 5
  ソース 編集
SSL_ERROR_ZERO_RETURN = 6
  ソース 編集
SSL_ERROR_WANT_CONNECT = 7
  ソース 編集
SSL_ERROR_WANT_ACCEPT = 8
  ソース 編集
SSL_CTRL_NEED_TMP_RSA = 1
  ソース 編集
SSL_CTRL_SET_TMP_RSA = 2
  ソース 編集
SSL_CTRL_SET_TMP_DH = 3
  ソース 編集
SSL_CTRL_SET_TMP_ECDH = 4
  ソース 編集
SSL_CTRL_SET_TMP_RSA_CB = 5
  ソース 編集
SSL_CTRL_SET_TMP_DH_CB = 6
  ソース 編集
SSL_CTRL_SET_TMP_ECDH_CB = 7
  ソース 編集
SSL_CTRL_GET_SESSION_REUSED = 8
  ソース 編集
SSL_CTRL_GET_CLIENT_CERT_REQUEST = 9
  ソース 編集
SSL_CTRL_GET_NUM_RENEGOTIATIONS = 10
  ソース 編集
SSL_CTRL_CLEAR_NUM_RENEGOTIATIONS = 11
  ソース 編集
SSL_CTRL_GET_TOTAL_RENEGOTIATIONS = 12
  ソース 編集
SSL_CTRL_GET_FLAGS = 13
  ソース 編集
SSL_CTRL_EXTRA_CHAIN_CERT = 14
  ソース 編集
SSL_CTRL_SET_MSG_CALLBACK = 15
  ソース 編集
SSL_CTRL_SET_MSG_CALLBACK_ARG = 16
  ソース 編集
SSL_CTRL_SET_MTU = 17
  ソース 編集
SSL_CTRL_SESS_NUMBER = 20
  ソース 編集
SSL_CTRL_SESS_CONNECT = 21
  ソース 編集
SSL_CTRL_SESS_CONNECT_GOOD = 22
  ソース 編集
SSL_CTRL_SESS_CONNECT_RENEGOTIATE = 23
  ソース 編集
SSL_CTRL_SESS_ACCEPT = 24
  ソース 編集
SSL_CTRL_SESS_ACCEPT_GOOD = 25
  ソース 編集
SSL_CTRL_SESS_ACCEPT_RENEGOTIATE = 26
  ソース 編集
SSL_CTRL_SESS_HIT = 27
  ソース 編集
SSL_CTRL_SESS_CB_HIT = 28
  ソース 編集
SSL_CTRL_SESS_MISSES = 29
  ソース 編集
SSL_CTRL_SESS_TIMEOUTS = 30
  ソース 編集
SSL_CTRL_SESS_CACHE_FULL = 31
  ソース 編集
SSL_CTRL_OPTIONS = 32
  ソース 編集
SSL_CTRL_MODE = 33
  ソース 編集
SSL_CTRL_GET_READ_AHEAD = 40
  ソース 編集
SSL_CTRL_SET_READ_AHEAD = 41
  ソース 編集
SSL_CTRL_SET_SESS_CACHE_SIZE = 42
  ソース 編集
SSL_CTRL_GET_SESS_CACHE_SIZE = 43
  ソース 編集
SSL_CTRL_SET_SESS_CACHE_MODE = 44
  ソース 編集
SSL_CTRL_GET_SESS_CACHE_MODE = 45
  ソース 編集
SSL_CTRL_GET_MAX_CERT_LIST = 50
  ソース 編集
SSL_CTRL_SET_MAX_CERT_LIST = 51
  ソース 編集
TLSEXT_NAMETYPE_host_name = 0
  ソース 編集
SSL_TLSEXT_ERR_OK = 0
  ソース 編集
SSL_TLSEXT_ERR_ALERT_WARNING = 1
  ソース 編集
SSL_TLSEXT_ERR_ALERT_FATAL = 2
  ソース 編集
SSL_TLSEXT_ERR_NOACK = 3
  ソース 編集
SSL_MODE_ENABLE_PARTIAL_WRITE = 1
  ソース 編集
SSL_MODE_ACCEPT_MOVING_WRITE_BUFFER = 2
  ソース 編集
SSL_MODE_AUTO_RETRY = 4
  ソース 編集
SSL_MODE_NO_AUTO_CHAIN = 8
  ソース 編集
SSL_OP_NO_SSLv2 = 0x01000000
  ソース 編集
SSL_OP_NO_SSLv3 = 0x02000000
  ソース 編集
SSL_OP_NO_TLSv1 = 0x04000000
  ソース 編集
SSL_OP_NO_TLSv1_1 = 0x08000000
  ソース 編集
SSL_OP_ALL = 0x000FFFFF
  ソース 編集
SSL_VERIFY_NONE = 0x00000000
  ソース 編集
SSL_VERIFY_PEER = 0x00000001
  ソース 編集
OPENSSL_DES_DECRYPT = 0
  ソース 編集
OPENSSL_DES_ENCRYPT = 1
  ソース 編集
X509_V_OK = 0
  ソース 編集
X509_V_ILLEGAL = 1
  ソース 編集
X509_V_ERR_UNABLE_TO_GET_ISSUER_CERT = 2
  ソース 編集
X509_V_ERR_UNABLE_TO_GET_CRL = 3
  ソース 編集
X509_V_ERR_UNABLE_TO_DECRYPT_CERT_SIGNATURE = 4
  ソース 編集
X509_V_ERR_UNABLE_TO_DECRYPT_CRL_SIGNATURE = 5
  ソース 編集
X509_V_ERR_UNABLE_TO_DECODE_ISSUER_PUBLIC_KEY = 6
  ソース 編集
X509_V_ERR_CERT_SIGNATURE_FAILURE = 7
  ソース 編集
X509_V_ERR_CRL_SIGNATURE_FAILURE = 8
  ソース 編集
X509_V_ERR_CERT_NOT_YET_VALID = 9
  ソース 編集
X509_V_ERR_CERT_HAS_EXPIRED = 10
  ソース 編集
X509_V_ERR_CRL_NOT_YET_VALID = 11
  ソース 編集
X509_V_ERR_CRL_HAS_EXPIRED = 12
  ソース 編集
X509_V_ERR_ERROR_IN_CERT_NOT_BEFORE_FIELD = 13
  ソース 編集
X509_V_ERR_ERROR_IN_CERT_NOT_AFTER_FIELD = 14
  ソース 編集
X509_V_ERR_ERROR_IN_CRL_LAST_UPDATE_FIELD = 15
  ソース 編集
X509_V_ERR_ERROR_IN_CRL_NEXT_UPDATE_FIELD = 16
  ソース 編集
X509_V_ERR_OUT_OF_MEM = 17
  ソース 編集
X509_V_ERR_DEPTH_ZERO_SELF_SIGNED_CERT = 18
  ソース 編集
X509_V_ERR_SELF_SIGNED_CERT_IN_CHAIN = 19
  ソース 編集
X509_V_ERR_UNABLE_TO_GET_ISSUER_CERT_LOCALLY = 20
  ソース 編集
X509_V_ERR_UNABLE_TO_VERIFY_LEAF_SIGNATURE = 21
  ソース 編集
X509_V_ERR_CERT_CHAIN_TOO_LONG = 22
  ソース 編集
X509_V_ERR_CERT_REVOKED = 23
  ソース 編集
X509_V_ERR_INVALID_CA = 24
  ソース 編集
X509_V_ERR_PATH_LENGTH_EXCEEDED = 25
  ソース 編集
X509_V_ERR_INVALID_PURPOSE = 26
  ソース 編集
X509_V_ERR_CERT_UNTRUSTED = 27
  ソース 編集
X509_V_ERR_CERT_REJECTED = 28
  ソース 編集
X509_V_ERR_SUBJECT_ISSUER_MISMATCH = 29
  ソース 編集
X509_V_ERR_AKID_SKID_MISMATCH = 30
  ソース 編集
X509_V_ERR_AKID_ISSUER_SERIAL_MISMATCH = 31
  ソース 編集
X509_V_ERR_KEYUSAGE_NO_CERTSIGN = 32
  ソース 編集
X509_V_ERR_UNABLE_TO_GET_CRL_ISSUER = 33
  ソース 編集
X509_V_ERR_UNHANDLED_CRITICAL_EXTENSION = 34
  ソース 編集
X509_V_ERR_APPLICATION_VERIFICATION = 50
  ソース 編集
SSL_FILETYPE_ASN1 = 2
  ソース 編集
SSL_FILETYPE_PEM = 1
  ソース 編集
EVP_PKEY_RSA = 6
  ソース 編集
MD5_CBLOCK = 64
  ソース 編集
MD5_LBLOCK = 16
  ソース 編集
MD5_DIGEST_LENGTH = 16
  ソース 編集

プロシージャ

proc TLSv1_method(): PSSL_METHOD {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_library_init(): cint {...}{.discardable, raises: [Exception], tags: [RootEffect].}
OpenSSL 1.1.0 以降は OPENSSL_init_ssl を、それ以外は SSL_library_init で SSL を初期化します   ソース 編集
proc SSL_load_error_strings() {...}{.raises: [Exception], tags: [RootEffect].}
  ソース 編集
proc SSLv23_client_method(): PSSL_METHOD {...}{.raises: [Exception], tags: [RootEffect].}
  ソース 編集
proc SSLv23_method(): PSSL_METHOD {...}{.raises: [Exception], tags: [RootEffect].}
  ソース 編集
proc SSLv2_method(): PSSL_METHOD {...}{.raises: [Exception], tags: [RootEffect].}
  ソース 編集
proc SSLv3_method(): PSSL_METHOD {...}{.raises: [Exception], tags: [RootEffect].}
  ソース 編集
proc TLS_method(): PSSL_METHOD {...}{.raises: [Exception], tags: [RootEffect].}
  ソース 編集
proc TLS_client_method(): PSSL_METHOD {...}{.raises: [Exception], tags: [RootEffect].}
  ソース 編集
proc TLS_server_method(): PSSL_METHOD {...}{.raises: [Exception], tags: [RootEffect].}
  ソース 編集
proc OpenSSL_add_all_algorithms() {...}{.raises: [Exception], tags: [RootEffect].}
  ソース 編集
proc getOpenSSLVersion(): culong {...}{.raises: [Exception], tags: [RootEffect].}
OpenSSL のバージョンを unsigned long または利用不可ならば 0 を返します。   ソース 編集
proc ERR_load_BIO_strings() {...}{.cdecl, dynlib: DLLUtilName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_new(context: SslCtx): SslPtr {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_free(ssl: SslPtr) {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_get_SSL_CTX(ssl: SslPtr): SslCtx {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_set_SSL_CTX(ssl: SslPtr; ctx: SslCtx): SslCtx {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName,
    importc.}
  ソース 編集
proc SSL_get0_verified_chain(ssl: SslPtr): PSTACK {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_CTX_new(meth: PSSL_METHOD): SslCtx {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_CTX_load_verify_locations(ctx: SslCtx; CAfile: cstring; CApath: cstring): cint {...}{.
    cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_CTX_free(arg0: SslCtx) {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_CTX_set_verify(s: SslCtx; mode: int;
                       cb: proc (a: int; b: pointer): int {...}{.cdecl.}) {...}{.cdecl,
    dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_get_verify_result(ssl: SslPtr): int {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_CTX_set_cipher_list(s: SslCtx; ciphers: cstring): cint {...}{.cdecl,
    dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_CTX_use_certificate_file(ctx: SslCtx; filename: cstring; typ: cint): cint {...}{.
    stdcall, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_CTX_use_certificate_chain_file(ctx: SslCtx; filename: cstring): cint {...}{.
    stdcall, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_CTX_use_PrivateKey_file(ctx: SslCtx; filename: cstring; typ: cint): cint {...}{.
    cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_CTX_check_private_key(ctx: SslCtx): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_CTX_get_ex_new_index(argl: clong; argp: pointer; new_func: pointer;
                             dup_func: pointer; free_func: pointer): cint {...}{.cdecl,
    dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_CTX_set_ex_data(ssl: SslCtx; idx: cint; arg: pointer): cint {...}{.cdecl,
    dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_CTX_get_ex_data(ssl: SslCtx; idx: cint): pointer {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName,
    importc.}
  ソース 編集
proc SSL_set_fd(ssl: SslPtr; fd: SocketHandle): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_shutdown(ssl: SslPtr): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_set_shutdown(ssl: SslPtr; mode: cint) {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName,
    importc: "SSL_set_shutdown".}
  ソース 編集
proc SSL_get_shutdown(ssl: SslPtr): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName,
                                       importc: "SSL_get_shutdown".}
  ソース 編集
proc SSL_connect(ssl: SslPtr): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_read(ssl: SslPtr; buf: pointer; num: int): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName,
    importc.}
  ソース 編集
proc SSL_write(ssl: SslPtr; buf: cstring; num: int): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName,
    importc.}
  ソース 編集
proc SSL_get_error(s: SslPtr; ret_code: cint): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_accept(ssl: SslPtr): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_pending(ssl: SslPtr): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc BIO_new_mem_buf(data: pointer; len: cint): BIO {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc BIO_new_ssl_connect(ctx: SslCtx): BIO {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc BIO_ctrl(bio: BIO; cmd: cint; larg: int; arg: cstring): int {...}{.cdecl,
    dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc BIO_get_ssl(bio: BIO; ssl: ptr SslPtr): int {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc BIO_set_conn_hostname(bio: BIO; name: cstring): int {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc BIO_do_handshake(bio: BIO): int {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc BIO_do_connect(bio: BIO): int {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc BIO_read(b: BIO; data: cstring; length: cint): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLUtilName,
    importc.}
  ソース 編集
proc BIO_write(b: BIO; data: cstring; length: cint): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLUtilName,
    importc.}
  ソース 編集
proc BIO_free(b: BIO): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLUtilName, importc.}
  ソース 編集
proc ERR_print_errors_fp(fp: File) {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc ERR_error_string(e: cint; buf: cstring): cstring {...}{.cdecl, dynlib: DLLUtilName,
    importc.}
  ソース 編集
proc ERR_get_error(): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLUtilName, importc.}
  ソース 編集
proc ERR_peek_last_error(): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLUtilName, importc.}
  ソース 編集
proc OPENSSL_config(configName: cstring) {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc OPENSSL_sk_num(stack: PSTACK): int {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc OPENSSL_sk_value(stack: PSTACK; index: int): pointer {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName,
    importc.}
  ソース 編集
proc d2i_X509(px: ptr PX509; i: ptr ptr cuchar; len: cint): PX509 {...}{.cdecl,
    dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc i2d_X509(cert: PX509; o: ptr ptr cuchar): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc d2i_X509(b: string): PX509 {...}{.raises: [Exception], tags: [].}
欠陥誤り率 (DER)・ビット誤り率 (BER) のバイト文字列を X.509 証明書の構造体へデコードします   ソース 編集
proc i2d_X509(cert: PX509): string {...}{.raises: [Exception], tags: [].}
欠陥誤り率 (DER) 文字列を cert へエンコードします   ソース 編集
proc CRYPTO_malloc_init() {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc SSL_CTX_ctrl(ctx: SslCtx; cmd: cint; larg: int; parg: pointer): int {...}{.cdecl,
    dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSLCTXSetMode(ctx: SslCtx; mode: int): int {...}{.raises: [], tags: [].}
  ソース 編集
proc SSL_ctrl(ssl: SslPtr; cmd: cint; larg: int; parg: pointer): int {...}{.cdecl,
    dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc SSL_set_tlsext_host_name(ssl: SslPtr; name: cstring): int {...}{.raises: [], tags: [].}
Client Hello で使われる SNI サーバ名拡張機能を設定します。SNI が設定されたときは 1 を、現在の SSL 構成で SNI をサポートしてないときは 0 を返します。  ソース 編集
proc SSL_get_servername(ssl: SslPtr; typ: cint = TLSEXT_NAMETYPE_host_name): cstring {...}{.
    cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
Client Hello でリクエストされたサーバ名を取得します。 これは SSL_CTX_set_tlsext_servername_callback に設定されたコールバックでありバーチャルホスティングの実装で使われます。nil を返します。  ソース 編集
proc SSL_CTX_set_tlsext_servername_callback(ctx: SslCtx;
    cb: proc (ssl: SslPtr; cb_id: int; arg: pointer): int {...}{.cdecl.}): int {...}{.
    raises: [Exception], tags: [RootEffect].}

Client Hello を受信したときに SSL 接続のリスニングで使われるコールバックを設定します。

コールバックとして返されるものは、

  • SSL_TLSEXT_ERR_OK
  • SSL_TLSEXT_ERR_ALERT_WARNING
  • SSL_TLSEXT_ERR_ALERT_FATAL
  • SSL_TLSEXT_ERR_NOACK
  ソース 編集
proc SSL_CTX_set_tlsext_servername_arg(ctx: SslCtx; arg: pointer): int {...}{.raises: [],
    tags: [].}
SSL_CTX_set_tlsext_servername_callback に登録されたコールバックで使われるポインタを設定します。  ソース 編集
proc SSL_CTX_set_psk_client_callback(ctx: SslCtx; callback: PskClientCallback) {...}{.
    cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
OpenSSL で PSK が要求されるときに呼び出されるコールバックを設定します (クライアント側)。  ソース 編集
proc SSL_CTX_set_psk_server_callback(ctx: SslCtx; callback: PskServerCallback) {...}{.
    cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
OpenSSL で PSK が要求されるときに呼び出されるコールバックを設定します (サーバー側)。  ソース 編集
proc SSL_CTX_use_psk_identity_hint(ctx: SslCtx; hint: cstring): cint {...}{.cdecl,
    dynlib: DLLSSLName, importc.}
ヒントとして使う PSK 認証情報を設定します。  ソース 編集
proc SSL_get_psk_identity(ssl: SslPtr): cstring {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
PSK 認証情報を取得します。  ソース 編集
proc bioNew(b: PBIO_METHOD): BIO {...}{.cdecl, dynlib: DLLUtilName, importc: "BIO_new".}
  ソース 編集
proc bioFreeAll(b: BIO) {...}{.cdecl, dynlib: DLLUtilName, importc: "BIO_free_all".}
  ソース 編集
proc bioSMem(): PBIO_METHOD {...}{.cdecl, dynlib: DLLUtilName, importc: "BIO_s_mem".}
  ソース 編集
proc bioCtrlPending(b: BIO): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLUtilName,
                                importc: "BIO_ctrl_pending".}
  ソース 編集
proc bioRead(b: BIO; Buf: cstring; length: cint): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLUtilName,
    importc: "BIO_read".}
  ソース 編集
proc bioWrite(b: BIO; Buf: cstring; length: cint): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLUtilName,
    importc: "BIO_write".}
  ソース 編集
proc sslSetConnectState(s: SslPtr) {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName,
                                  importc: "SSL_set_connect_state".}
  ソース 編集
proc sslSetAcceptState(s: SslPtr) {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName,
                                 importc: "SSL_set_accept_state".}
  ソース 編集
proc sslRead(ssl: SslPtr; buf: cstring; num: cint): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName,
    importc: "SSL_read".}
  ソース 編集
proc sslPeek(ssl: SslPtr; buf: cstring; num: cint): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName,
    importc: "SSL_peek".}
  ソース 編集
proc sslWrite(ssl: SslPtr; buf: cstring; num: cint): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName,
    importc: "SSL_write".}
  ソース 編集
proc sslSetBio(ssl: SslPtr; rbio, wbio: BIO) {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName,
    importc: "SSL_set_bio".}
  ソース 編集
proc sslDoHandshake(ssl: SslPtr): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName,
                                     importc: "SSL_do_handshake".}
  ソース 編集
proc ErrClearError() {...}{.cdecl, dynlib: DLLUtilName, importc: "ERR_clear_error".}
  ソース 編集
proc ErrFreeStrings() {...}{.cdecl, dynlib: DLLUtilName, importc: "ERR_free_strings".}
  ソース 編集
proc ErrRemoveState(pid: cint) {...}{.cdecl, dynlib: DLLUtilName,
                              importc: "ERR_remove_state".}
  ソース 編集
proc PEM_read_bio_RSA_PUBKEY(bp: BIO; x: ptr PRSA; pw: pem_password_cb; u: pointer): PRSA {...}{.
    cdecl, dynlib: DLLSSLName, importc.}
  ソース 編集
proc RSA_verify(kind: cint; origMsg: pointer; origMsgLen: cuint; signature: pointer;
               signatureLen: cuint; rsa: PRSA): cint {...}{.cdecl, dynlib: DLLSSLName,
    importc.}
  ソース 編集
proc EVP_md_null(): EVP_MD {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc EVP_md2(): EVP_MD {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc EVP_md4(): EVP_MD {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc EVP_md5(): EVP_MD {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc EVP_sha(): EVP_MD {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc EVP_sha1(): EVP_MD {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc EVP_dss(): EVP_MD {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc EVP_dss1(): EVP_MD {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc EVP_ecdsa(): EVP_MD {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc EVP_sha224(): EVP_MD {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc EVP_sha256(): EVP_MD {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc EVP_sha384(): EVP_MD {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc EVP_sha512(): EVP_MD {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc EVP_mdc2(): EVP_MD {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc EVP_ripemd160(): EVP_MD {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc EVP_whirlpool(): EVP_MD {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc HMAC(evp_md: EVP_MD; key: pointer; key_len: cint; d: cstring; n: csize_t; md: cstring;
         md_len: ptr cuint): cstring {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc PEM_read_bio_PrivateKey(bp: BIO; x: ptr EVP_PKEY; cb: pointer; u: pointer): EVP_PKEY {...}{.
    cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc EVP_PKEY_free(p: EVP_PKEY) {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc EVP_DigestSignInit(ctx: EVP_MD_CTX; pctx: ptr EVP_PKEY_CTX; typ: EVP_MD; e: ENGINE;
                       pkey: EVP_PKEY): cint {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc EVP_DigestUpdate(ctx: EVP_MD_CTX; data: pointer; len: cuint): cint {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc EVP_DigestSignFinal(ctx: EVP_MD_CTX; data: pointer; len: ptr csize_t): cint {...}{.cdecl,
    importc.}
  ソース 編集
proc EVP_PKEY_CTX_new(pkey: EVP_PKEY; e: ENGINE): EVP_PKEY_CTX {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc EVP_PKEY_CTX_free(pkeyCtx: EVP_PKEY_CTX) {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc EVP_PKEY_sign_init(c: EVP_PKEY_CTX): cint {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc EVP_MD_CTX_create(): EVP_MD_CTX {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc EVP_MD_CTX_destroy(ctx: EVP_MD_CTX) {...}{.cdecl, importc.}
  ソース 編集
proc md5_Init(c: var MD5_CTX): cint {...}{.importc: "MD5_Init".}
  ソース 編集
proc md5_Update(c: var MD5_CTX; data: pointer; len: csize_t): cint {...}{.
    importc: "MD5_Update".}
  ソース 編集
proc md5_Final(md: cstring; c: var MD5_CTX): cint {...}{.importc: "MD5_Final".}
  ソース 編集
proc md5(d: ptr cuchar; n: csize_t; md: ptr cuchar): ptr cuchar {...}{.importc: "MD5".}
  ソース 編集
proc md5_Transform(c: var MD5_CTX; b: ptr cuchar) {...}{.importc: "MD5_Transform".}
  ソース 編集
proc md5_File(file: string): string {...}{.raises: [IOError, Exception],
                                  tags: [ReadIOEffect].}
ファイルの MD5 ハッシュを生成します。結果は 32 文字で返されます   ソース 編集
proc md5_Str(str: string): string {...}{.raises: [], tags: [].}
文字列の MD5 ハッシュを生成します。結果は 32 文字の十六進数 (英数小文字) で返されます   ソース 編集